甲手と垂の選び方

剣道

剣道と呼ばれる武道は、一体一の真剣勝負を基本としています。その真剣勝負の場において、自身の防具が身体に合っていないために負けてしまうことがあるでしょう。しかし、周りからみれば、それは言い訳にすぎません。そういった状況になると、非常に悔しい思いをされるかと思います。そういった思いをしないためにも、自身にあった防具を選び、剣道の鍛錬を積む必要があるのです。
剣道で用いられる防具のうち、ここでは甲手と垂について知っていきましょう。甲手は、手に着用する防具で、手を守るだけでなく竹刀の握りやすさにも関わる防具となっています。剣道の試合において、竹刀が握りにくかった場合には全力をだすことはできないでしょう。そのため、自身に合った甲手を選ぶことは大切なのです。甲手の選びかたとして、着用時に大きすぎないものを選ぶ必要があります。大きすぎると、甲手自体が抜けてしまうか竹刀を握り辛くなる可能性があるからです。手がスッと入るもので、竹刀を握った際に違和感のないものを選びましょう。垂に関しては、大きすぎても小さすぎてもダメです。この大きさの違いは、剣道初心者でも何となく分かるものなので程よいものを選ぶことが大切です。これらの防具を購入する際には、甲手や垂、胴、面を含む全ての防具において海外製のものを選ぶことができます。海外製のものは安価なため粗悪品が多いといわれていますが、質のよいものも存在します。ですので、海外製であっても、ひとまず実際に着用してみて自身に合っているかどうかを確かめる必要があるでしょう。