面の選び方について

竹刀

剣道の防具において、頭を守る面は大切な防具となっています。面の選び方というのは、着用者の年齡や面正面の金属部分にある物見の位置によって選ぶことが大切となります。

動き易い胴の選び方

構える人

胴というのは、剣道で用いられる身体を守る防具です。竹胴や樹脂胴といった種類がありますが、どちらを選ぶにせよ自身の身体の大きさにあったものを選ぶ必要があるでしょう。

手刺し防具の特徴と魅力

剣道

剣道を嗜む人の中の多くは、着用する防具が身体に合っていないといわれています。職人が手刺しで作り上げる手刺し防具であれば、自身の身体に合う一生物の防具を手に入れることができるでしょう。まずは、剣道で用いられる防具の種類について知っていきましょう。
剣道で用いられる防具には、ミシン刺しと上記に挙げた手刺しの2種類が存在します。ミシン刺しというのは手作業ではなくミシンで作り上げた防具で、早く生産することができ安価であるといった特徴があります。性能においても問題はなく、多くの剣道を嗜む人々の間で利用されています。手刺しは、ミシン刺しが普及する前から行われている昔ながらの手作業による生産方法です。職人によって一つ一つ丹精こめて作り上げられるため、値段はミシン刺しのものよりも効果なものとなります。しかし、その魅力は値段に見合ったものとなっています。その理由として、手作業で作りあげる際に着用者の採寸を行ない、全ての防具を着用者に最適なサイズに整えることができるといった点があげられます。また、着用者の要望を取り入れることもできるため、より快適に剣道にて鍛錬を行うことができるのです。また、品質の良さにより長く愛用することができるといった利点もあります。こういった上等の防具を身に纏うことで、試合においても相手を威圧することができるでしょう。この他にも、様々な魅力がありますが、それらの魅力は自身が手刺し防具を身につけることで実感できるはずです。

甲手と垂の選び方

剣道

甲手が自身の手に合っていないと、竹刀が握り辛く感じるでしょう。竹刀が握り辛いと試合で本気をだせないものです。垂に関しても、胴が外された際に身体を守ってくれる重要な防具です。それぞれ自身に合ったものを選びましょう。